なんで勉強せんなん!?

ポピー いえがくサポートセンター/全日本家庭教育研究会(全家研) 北陸

いえサポ・・・いえがく(家庭教育/学習)サポートです。












子育てのヒント!

幼児いえサポ

新小学1ねん

小学いえサポ

中学いえサポ








日々の思いを・・NO472~473

日々の思いを綴ってみました。不適切な表現などご了承下さい。

「ゲーム、スマホは上手にならないように短時間だけ!上手になるとハマる!」

NO474 6月19日

人にやらされるイヤイヤ回路が働き。
自分でやると →イケイケ回路が働く。
勉強は自分でやる!それが一番効率的な方法。

人にくすぐられると、防衛本能が働き体をくねらせたりします。
自分でくすぐっても、「イヤーン!」となりません。
脳って不思議ですね。
勉強も同じで宿題はイヤイヤで、早く終わることが目標です。
自分で決めた勉強は
「何をやるか」たとえば英単語を覚えるぞ!とか
計算ができるようになるぞ!歴史を覚えるぞ!・・・
心に決めてはじめます。
目標を持った勉強をやります。
(よし!やるぞ。プチ決意の訓練)
逆に、塾で「このプリントやってね」「単語テストやるよ」
と言われれば、その場を終わらせることが目標になります。

買い物で考えると
今日買う品物はスーパーまでは覚えている。
でも、2~3日後には覚えていません。
(とりあえず今覚えておけばいい回路)
これを忘れないようにするカンタンな方法は?
毎日同じものを買う!
(繰り返して行動する)
ということは
①塾へ行って②家で反復練習 がセットでないと
塾の効果はまったくないのです。
「行けばなんとかなる」は大間違い!なのです。

ポピーの中学会員さんの中には
「やらないから塾へ行く。」
逆に
「塾へ行っても効果がないからポピーをはじめる。」
正反対のように感じますが
自分で勉強しないことが共通しています。

だからポピーをはじめる方へは
必ず、勉強のやり方取り組む姿勢をお伝えます。
(子供たちと直接対話)
「勉強は自分でやる!それしか方法はないんだよ。」
「どうやればいいかと言うと・・・」
具体的に勉強のやり方のアドバイスをします。

そしてポピー教室の子供たちとは
毎回対話をしながら勉強へのモチベーションをあげる
ことを心がけています。
例えば
「なんでこんな勉強せんなん?」「必要ある?」
「歴史なんて役にたたんし。」
「外国なんて行かんし、英語せんでもいいやろ。」
よく子供たちとの対話であることです。
そんな時は・・・
「ピンポーン!大正解やな。」
「一部の人以外は大人になっても必要ないかもね。」
「英語なんて将来自動翻訳機がスマホについて
 全部日本語にしてくれるんじゃない。」
「スーパーはバーコードやから計算もいらんね。」
「勉強なんて必要ないかもね」

まず、思いを共有することです。
「あんたの言うことも一理ある!」
ここで、義務教育の意味やら、社会のシステムやら
将来不安を言ったところで通じません。

「そしたら、勉強しないで何をやるの?」

「うーん、ゲームかな。」

「それはいいね!天国生活や!」
「そしたら、高校なんて行かないでゲームすれば」
(もちろん相手を見て話をしています)
(本当にそうしそうな子には言いません)

「えっ?・・・。それはマズイやろ」
(子供たちが言います)
「親に叱られるし。」
「バカになると困るし。仕事もできんし。」

「あれ?最初と話が変わってきたね。」
・・・笑・・・

自分の頭の中を整理する!
その時間が今の子供たちに一番大切な時間です。

あれやれ!これやれ!それやれ!
勉強やれ!成績上げろ!がんばれ!
大人はウザイ!このウザイ世界からまず逃げよう!
そう考えるの自然です。

自分で勉強できる子に!
成績がよいだけではありません。
自分で決めて、自分で行動する!力です。
ゲームするか、やめるか?
ねるか、ねないか?
準備するか、しないか?
人生はプチ決断の連続です。
少しでもよい方を選んで行動できる人に
なってほしいと思います。

ポピー教室とは

ポピー無料おためしお申し込み




幼児は
「できる」ことより「好きになる」こと。
小学生は
「できる」ことより「努力できる」こと。

「君たちはどう生きるか」
80年前に書かれた児童書が今漫画版になって
70万部突破のベストセラーだそうです。
お父さんを3年前に亡くした中学2年生、「コペル君」こと本田潤一君が、
日常生活で直面するさまざまな問題を通して、母方の叔父さんと、生き方
考えて成長して行く物語です。
叔父さんとコペル君の斜めの関係がいいね。・・・
斜めの関係とは?
同居している大人、親や祖父母は
子供を下から支えている関係。
親戚の叔父さん叔母さん年の離れたいとこ、知り合いの大人・・・
それが斜めから子育てを支える関係です。

今は、核家族が多くなりお父さんも出張が多く
お母さんも仕事となると
子供をお母さんが片手で支えていることになります。
お母さんの負担が大きくなっています。
だから、余裕がなく子供の話をじっくり聞いたり、考えてアドバイス
をするのでなく、直線的な言い方や結果を求めるようになります。

そこで大切なのは斜めの関係の人間です。
「親には言えない・・・」そんなことがいろいろあります。
ところが
今は斜めの関係の人間もいなくなっています。
習い事でかかわる大人がいても
ピアノの先生に「実はピアノが嫌いで練習もしたくない。」
とは言えませんね。
学校の先生や習いごとの先生は横の関係なのです。

となれば、誰が子供たちに生き方をアドバイスしてくれるのでしょう?
素敵な叔父さんをつくることはできません。

自分の子供を育てているのでなく
1人の将来ある人間を育てているのです。
自由気ままに何も考えないで過ごしている子供を見過ごすことは
できません。

結局
今、支えている人(お父さんやお母さん)が頑張るしかありません。
ある時は親として、ある時は人生の先輩として・・・
余裕のない中、さらに一人何役?もやらないといけません。

まず、今の親は大変なんだ!と覚悟して下さい。

そして10分よりそい!
子どもの話をじっくり聞く時間。
どう導いてあげれば良いのかを考え伝えて下さい。

勉強してほしいを直線的に言えば
「勉強しなさい!」
「ゲーム禁止にするよ!」
になります。
忙しいから言いたいことを先に言う?
でも、ちょっと考えれば・・・
勉強は「やれば、必ずできる。」という大原則があります。
「やればできる!」なら
やるようにすればよいのです。

幼児の時に
「見ることが好き」「やることが好き」「できると楽しい」
そんな感覚をつければ勝手にやる子になります。
小学生以降は
①やる ②〇つけ ③お直し ④再挑戦
③④ができることが学力だと思って下さい。

よくある例ですが
勉強しなくても成績が良い子がいます。
幼児期の刺激がよかったので、
見る力、聞く力、考える力があるので
学校の授業や自分の知識でクリアーできます。
しかし
勉強はだんだん難しくなります。
いずれ、反復しないとできなくなります。
その時に差がつくのが学力の有り無しです。
学力は学ぶ力=勉強する力です。

毎日お子さんは勉強していますか?
学力は育っていますか?
(自己管理能力と忍耐力)

「うちの子ゲームばっかりで勉強を嫌がる」
これは、ダメ人間になっているということです。
勉強以前の問題なんですよ!
他人がお家に行ってゲームをやめさせることは
できません。家庭内の問題なのです。

「〇〇はゲームが好きなんだ。どんなゲーム?」
「へぇーそれはハマるね。夜も遅くなるな。」
・・・・
斜めの関係の大人がいれば助かりますが
いなければ、親が一人二役するしかありません。
子供たちの話を聞いて、話し合う時間が必要です。

「君たちはどう生きる?」
とても大切なことを忘れていたように思います。
それを伝えることが大人としての本当の使命ですね。


NO472 1月30日
「今日、子どもは何回ほめられた?」
「きちんと(誰かと)話をした?」

子どもたちの生活は
・朝、起きて・・・「早くしてよ!」
・学校へ行って・・・「ちゃんと聞きなさい!」
・学校が終わって
・学童または帰宅(習い事やスポーツ)
 ・・・「早くやることやってね!」
・就寝

「学校以外でほめることありました?」
学校では先生にほめられていますか?
習い事やスポーツで指導者にほめられていますか?

一度もほめられていないかもしれません。
2日間では?3日間では?1週間では?

「きちんと話をする時間ありましたか?」

それもないかもしれません。

毎日、ほめられることもなく。
きちんと話すこともなく。
言われるがままに行動しているとしたら・・・

「人の話を聞こう!」「自分で意見を言おう!」
「自分で考えて行動しよう!」
なんてできないですね。

ほめられなければ、がんばる気持ちも育ちません。
自己肯定間の低い子になり
「どーでもいい。」「無理やし。」「だめやし。」
そんな子、多くないですか?

会話をしなければ、脳の思考回路も育ていません。
「聞く」「話す」「考える」が力が育ちません。

子どもの数が減り
外遊びの場所が少なくなり
見守る大人も少なくなっています。

心が寂しい子どもたちの救いが
ゲームやスマホ、パソコンになっています。
バーチャルな世界が居場所になっていきます。

10分よりそい!子どもと楽しい勉強を。
それがカギです。

子どもたちが唯一絶対やるべきこと
それが勉強です。(宿題も)
その時間を利用して10分よりそう。
それが一番とれる時間です。

「今日は学校で何を習ったの?」から
いろいろな話を楽しくはじめて下さい。










対話主事便りVOL19

“対話主事便り”より19
*ポピーのモニターのお仕事をされている方向けにお渡ししている毎月の情報から、子育て中の皆さんにも読んでいただきたい記事を紹介します。
*今回は201712月、20182,3月に掲載されたものの一部を訂正、加筆して掲載します。

<子どもの心によりそって>
 子どもたちは、どんなごちそうよりも、おうちの方の手料理が大好きです。それには“心(愛情)”という味付けがあるからです。お子様と一緒に料理をする時間ができるといいですね。ごく簡単なものでも十分です。子どもが作った料理を食べて涙が出たというお父さんもいらっしゃるようです。
 以下にかつて私が学級通信に載せた文を掲載します。
  朝からとびっきりの笑顔を見せてくれた子どもたち。授業中もとてもしっかり勉強している。なぜだと思いますか?それはお弁当だからです。うれしくてたまらない気持ちが伝わってきます。お弁当の時間は仲良し同士で楽しく食べました。「お弁当、おいしかった?」「はーい!!」全員から元気な返事が返ってきました。お忙しい中一生懸命にお弁当を作ってくださった保護者の方に感謝いたします。
   *給食の時は班で食べます。担任と補助教員が毎日順番に各班に混ぜてもらいますが、お弁当の時
は混ぜてもらいません。

<世の中の役に立つ人間に>  
これは私の子育て方針です。
 幼児期は“家族の役にたつため”に、簡単なお手伝いを頼みました。片付けを頼むと遊び半分にポイっと投げてかえってくちゃくちゃになったり、拭き掃除を頼んだら水浸しになったりと、私がやった方がよほど早いのですが、本人は自慢げでした。
 小学校に入ると“友達や先生の役に立つため”可能な限り仕事を引き受け、高学年になると“地域の役に立つため”町内の除雪やゴミ当番もしました。家族以外の大人からほめられて、嬉しかったようです。勉強は自分の役に立つためのことなので後回しです。(優先順位は、地域や学校→家庭→自分)
 特別意識はしていませんでしたが、他人からほめられることで自己肯定感が育ったように思います。また、いろいろなことをしているので、当然、勉強時間は限られます。短い時間で効率よく勉強する力も身につけたようです。
 大人になったわが子たちを見ていると、いまだに自分のことは後回しにして人のために何かをすることに喜びを感じているようです(それがいいことか悪いことかはわかりませんが)。そのせいか先輩や上司にはかわいがってもらえているようです。
 
<対話主事の勝手なつぶやき・・・子どもの自立>
 わが子が生まれたとき、「18歳になったら家を出る。それまでに生活のスキルを身につけさせ、18年間は子どもによりそおう」と思いました。
 幼児期はできるだけ手をつないで歩いて外出、歩くには遠いところはバスや電車を利用しました。あの頃は特に意識していなかったのですが、いろいろなところに出かけることによって、多くの人との出会いがあり、また、公衆道徳が学べました。
 小学校卒業までには、だいたい家事もこなせるようになっていました(私がずぼらで子どもにさせたということもありますが)。通帳の管理、役所の手続きは中学から。失敗もありましたが、家から離れてフォローできなくなる前に一人で生活できるようにはなっていました。
家を離れるときは不安だったようですが、一人暮らしをして困ったことはありませんでした。

子どもが小さいときにいろいろさせると面倒だ・かわいそうだという方もいらっしゃるかもしれません。いずれ子どもは自立しなければならないので、親元にいる間に自立の力をつけてあげた方がいいように思います。





対話主事便りvol18

“対話主事便り”より18

*ポピーのモニターのお仕事をされている方向けにお渡ししている毎月の情報から、子育て中の皆さんにも読んでいただきたい記事を紹介します。
*今回は20179,10月に掲載されたものの一部を訂正、加筆して掲載します。

<親が知っておくべき5つのこと>

1.すべての子供は歩き方、話し方、読み方、勉強などを自分のペースで学ぶということ、そして、そのペースは結果の良し悪しに影響しないということ
2.高い学力のためにすることは子供に読み聞かせてあげること
早期教育や習い事やコンピュータでもなく、時間をとって素晴らしい本をたくさん読み聞かせ    てあげましょう。
3.クラスで一番の成績になることと幸せになることは関係がないということ
子供に大切なことは、気取らない気ままな子供時代です。
4.子供に、本や自然や美術品、それらを探検する自由のある環境を与えること
5.子供がもっと私たちを必要としているということ
子育ての大変さを、他の誰かに子供の世話をさせる言い訳に使いがちです。確かにたまには親としてではない時間が必要です。子供たちはゲームやスマホ、習い事、スポーツ活動以上に親のことを必要としているのです。
子供たちは馬鹿みたいなことを一緒にしてくれる両親を、必要としています。たとえいつもの2倍の時間と手間がかかるとしても、子供に食事の支度をさせることは価値があります。
子供たちに、親にとって、かけがえのない、愛おしい存在であることを感じさせなければいけません。

<寂しい子どもたち>  

こんな話を聞きました。
毎日子供に接し、子供のことを真剣に考えているある児童館の館長が、今の子どもたちの大変な状況を語っています。
夏休み、一日を児童館で過ごす子どもたちは、昼ご飯を食べに家に帰りますが、家に帰ってもご飯はなく、自分で作ったり、コンビニで買ったり、スナックばかりで済ます、というケースがとても多くなっています。
 親に勉強を見てもらえる、なんて夢の夢、話しを聞いてさえもられない子どもも多く、しつけやコミュニケーション力にも影響が出ています。
 親が深夜まで仕事をし、忙しく、余裕がないので、子供が見捨てられているのです。そういう親に、いろいろお願いしても、全く効果なし。聞く耳を持ちません。
館長が涙ぐみながら話す程の、深刻な事態が進行しています。
 深夜まで働かざるを得ない社会や、子供にまで気が回らない親に問題はあるとしても、まずは、子供によりそわなくてはなりません。
子どもを育て見守るという、この、平凡ながら本来的な仕事は、大変ですがとても尊いことです。




対話主事便り17

“対話主事便り”より17

*ポピーのモニターのお仕事をされている方向けにお渡ししている毎月の情報から、子育て中の皆さんにも読んでいただきたい記事を紹介します。
*今回は201778月に掲載されたものの一部を訂正、加筆して掲載します。

人のぬくもりと語りかけが幼児を育てます。
  言葉をかけるかかけないかは子どもの生死にもかかわること。
10分を生み出す工夫が必要です。
  人それぞれの10分です。“よりそう”という気持ちを行動に移すことが大切。
  笑顔で10分
  働いていて忙しい(忙しい=心を亡くす)というけれど、何のため?
  働く=人を楽しく楽にさせるために動くこと
・“楽しい”というエネルギーは上→下にしか行きません。
親が楽しい→子が楽しい(親が楽しくなければ子は楽しくない)
“楽しい”は心にあるのであって、教材自体にあるのではありません。

乳児・・体を離すな
幼児・・手を離すな
少年・・手を離しても目を離すな
青年・・心を離すな

<深刻な読解力不足>
 文を読んでその場面を思い浮かべることができない子どもが増えています。
この力は幼児期~低学年の時に育ちます。安易にスマホやゲーム機などを与えることは
危険です。
 文字が読めるようになっても、絵本の読み聞かせ・童話の読み聞かせ(年長から)
が大切10よりそいにもなりますね。

<最近聞いた心に響く話⑤>  
 陸上のインターハイでの話です。出場する男子選手が試合直前に、
「先生、スパイクを忘れました。」
それを聞いた先生はしばし絶句しましたが、“今から走ろうとしている選手を叱っても仕方がない”と、とんでもないアドバイスをしたそうです。
「このグラウンドにはスパイクは合わない。アップシューズの方がぴったりだ」
そのアドバイスを聞いて、選手はスパイクを履いている他の選手を見ても全く動揺する
となく、なんと優勝してしまいました
 もし、忘れたことを叱っていたならば、選手はどうせ負けると思って本気を出すこと
ができなかったでしょう。
 相手を叱ることよりも、どうしたら本気が出せるかを考えたアドバイスは、子育てでも大切ですね。この積み重ねが親子の信頼関係を深めることにもなります。

<歩いてみることで>
 ほぼ毎日だいたい1時間5㎞くらいを歩いています。
 歩くといろいろなものが見えてきます。私が住んでいる街には自然があふれ、市の
中心部を流れる川の河岸段丘などの地理的なもの、いたるところにある保存樹、昔名が
らの用水、暮らしを守るための様々な設備…。今まで気づかなかったことがいか
に多いかを痛感しました。

 お子様と近くを一緒に歩いてみませんか?10分歩けば10分のよりそいになります。